週報

9월 4일 주보

영락교회 1 1,792

1부예배

묵상성경: 시 108: 3-4
성시교독: 57(29)
찬송: 27(27장), 183(172장), 317(353장)
본문성경: 출 16: 1-4
제목: 그리스도인은 은혜로 산다.

2부

찬송:281(208장), 545(344장), 546(399장)
본문성경: 막11: 22-25
제목: 믿으라 그대로 되리라.

인용성구
성경: 출16: 1-4 ... 그리스도인은 은혜로 산다.

1. 하나님의 말씀에 순종할 때 은혜가 있다.
 시 146: 3-5,

2. 매일 아침 영혼의 양식을 취할 때 은혜가 있다.
마 4:4, 요6:32-35, 요6: 48, 암8:11

2. 예배안에 은혜가 있다.

광고
2부예배후 2선교회 노방 전도가 있습니다.
9월 5일 - 25일까지 21일 기도회가 있습니다. 밤 10시, 단 수요, 금요, 주일는 변동이 있습니다.
9월 25일 오후2시 1선교회 2차 헌신예배가 있습니다.

새신자
김민정(김경욱), 和田亞由美(이 호)

Comments

1004
2011/9/4
詩編 / 108編 4-5節
4 主よ、諸国の民の中でわたしはあなたに感謝し/国々の中でほめ歌をうたいます。
5 あなたの慈しみは大きく、天に満ち/あなたのまことは大きく、雲を覆います。

クリスチャンは、恵みによって生きる。
出エジプト記 / 16章 1-4節
1 イスラエルの人々の共同体全体はエリムを出発し、エリムとシナイとの間にあるシンの荒れ野に向かった。
それはエジプトの国を出た年の第二の月の十五日であった。
2 荒れ野に入ると、イスラエルの人々の共同体全体はモーセとアロンに向かって不平を述べ立てた。
3 イスラエルの人々は彼らに言った。「我々はエジプトの国で、主の手にかかって、死んだ方がましだった。
あのときは肉のたくさん入った鍋の前に座り、パンを腹いっぱい食べられたのに。
あなたたちは我々をこの荒れ野に連れ出し、この全会衆を飢え死にさせようとしている。」
4 主はモーセに言われた。「見よ、わたしはあなたたちのために、天からパンを降らせる。
民は出て行って、毎日必要な分だけ集める。わたしは、彼らがわたしの指示どおりにするかどうかを試す。

1。神様の御言葉に従うとき、恵みがある。
詩編 / 146編 3-5節
3 君侯に依り頼んではならない。人間には救う力はない。
4 霊が人間を去れば/人間は自分の属する土に帰り/その日、彼の思いも滅びる。
5 いかに幸いなことか/ヤコブの神を助けと頼み/主なるその神を待ち望む人

2。毎朝、魂の食べ物を取る時に恵みがある。
マタイによる福音書 / 4章 4節
4 イエスはお答えになった。「『人はパンだけで生きるものではない。
神の口から出る一つ一つの言葉で生きる』/と書いてある。」
ヨハネによる福音書 / 6章 32-35節
32 すると、イエスは言われた。
「はっきり言っておく。モーセが天からのパンをあなたがたに与えたのではなく、
わたしの父が天からのまことのパンをお与えになる。
33 神のパンは、天から降って来て、世に命を与えるものである。」
34 そこで、彼らが、「主よ、そのパンをいつもわたしたちにください」と言うと、
35 イエスは言われた。「わたしが命のパンである。
わたしのもとに来る者は決して飢えることがなく、わたしを信じる者は決して渇くことがない。
ヨハネによる福音書 / 6章 48節
48 わたしは命のパンである。
アモス書 / 8章 11節
11 見よ、その日が来ればと/主なる神は言われる。わたしは大地に飢えを送る。
それはパンに飢えることでもなく/水に渇くことでもなく/主の言葉を聞くことのできぬ飢えと渇きだ。

3。礼拝の中に恵みがある。